敬老の日にはプリザーブドフラワーを贈るのもおすすめ!

敬老の日,プリザーブドフラワー

敬老の日に贈るなら、プリザーブドフラワーもうってつけだよ。プリザーブドフラワーは、美しい花を長く楽しめるし、ヨーロッパではギフトアイテムとしてとても人気!

 

お手入れもとても簡単で、保管方法を間違わなければいつまでも生花のような瑞々しさのある美しさで咲き続けてくれるんだよね。水やりの必要もないから手軽だしきっと喜んでくれるよ。

 

それに、プリザーブドフラワーは色合いが独特な点も魅力だよ。栽培されている特に綺麗な状態の花に、染料に特殊な薬剤を混ぜて吸い上げさせているから、生花にはないオリジナリティーのある色合いが出るんだよね。

 

祖母に敬老の日にプリザーブドフラワーを贈るなら、元気な印象のあるイエローや、シックな色合いのものを織り交ぜたフラワーを選ぶのも一案だよ。

 

フラワーにはリボンをかけてもらったり可愛いバスケットに入れてもらえるのもあるから、色々と探してみるのもおすすめだね。和風なお部屋でも洋室であっても馴染むデザインなのもおすすめポイントだよ。

敬老の日のプレゼントが売ってるプリザーブドフラワー販売店をまとめてみたよ!

ウッディで売ってるほこりが付かないプリザは敬老の日のギフトにおすすめ

プリザーブドフラワー ウッディ

敬老の日にプリザーブドフラワーを贈りたいなら、『ウッディ』を利用する方法もあるよ。ウッディのプリザーブドフラワーは、ほこりが付かないというケースに入っているのがポイント!

 

せっかくの綺麗な花が汚れてしまうのも防止できるから、いつまでも綺麗な状態の花を見ることができるね。ピンクやレッド、和風といった全部で9色から選べるよ。ウッディのロングセラーの1つだし、プレゼントにも適しているよ。

 

祖母と同居をしていて、プレゼントを内緒にしたいなら、コンビニでの受け取りもできるからとっても便利!これだと、あげる前にバレるのも防げるよね。

 

それだけでなく、ウッディのプリザーブドフラワーなら袋のまま手渡せるおしゃれな手提げバッグ付きだし、希望すればメッセージカードも付けられるよ。感謝の気持ちなどを書いているのも1つの方法だね。

 

ウッディのプリザーブドフラワーを受け取れば、きっと祖母は喜んでくれると思うよ。

 

⇒プリザーブドフラワー ウッディ

IPFAで買える手のひらサイズの可愛いプリザはちょっとしたプレゼントに最適

プリザーブドフラワーIPFA

敬老の日の贈り物にIPFAのプリザーブドフラワーを選択するのはどうかな。

 

ガラスドームエンジェル』という製品は、ベルのような形状のガラスの中に、プリザーブドフラワーが入っていていつでも眺められるというもので、ガラスドームの上部には同じくガラスでできた天使があしらわれているよ。

 

この天使はハートを抱いているという点にも注目だね。こちらのガラスドームエンジェルでは、カラーが10種類用意されていて、ピンクグラデーションやピンク&ホワイト、ピーチ&イエローなどがあるよ。

 

手のひらサイズだから、プレゼントにもうってつけだし、贈られた祖母もきっと心が和むよね。もし花びらやガクが落ちる場合には、ドームを外して直すこともできるよ。

 

⇒プリザーブドフラワーIPFA

日本家屋にもマッチするLOBELIAの和風プリザ

LOBELIA・プリザーブ専門店

祖母へ贈る敬老の日のプレゼントに、LOBELIAで扱っている和風のプリザーブドフラワーを贈るのも一案だね。

 

日本家屋にもマッチするプリザーブドフラワーが欲しいという声や、個性があり高さもある和風アレンジのものを贈りたいという声があったことで、生まれたのが『花鳥風月』という和風プリザーブドフラワーなんだよ。

 

開花ローズと言って、独自の技術で大きく花開かせたバラが華やかさを増して生まれ変わるというのも特徴だね。カラーは、当初は紫だけだったのだけれど、要望もあって3色に増えたんだよ。

 

紫の他には紅や黄色があるから、祖母のイメージに合わせて選ぶのも1つの手だね。また、華織部は着物のような和バラというのがポイントだよ。プリザーブドフラワーの花びらの間から和ちりめんの花びらが見えるという綺麗な一品だから、選んだら祖母もきっと喜んでくれるね。

 

⇒LOBELIA・プリザーブ専門店

敬老の日の花といえばリンドウなどがあるよ

敬老の日の花といえば

敬老の日の花といえばリンドウが定番で、その人気の秘密は色にあるんだよ。青や紫、白、ピンクなどリンドウには多彩な色があるけれど、敬老の日に贈られるのが多いのは紫や青紫なんだよ。

 

この紫と言う色は、昔は身分の高い人しか着れなかったんだって!それは、紫の色を出すということが難しかったというのが理由だね。

 

リンドウの根は昔からとても効果的な生薬として使われてきたんだよ。リンドウは漢字で『竜胆』と書くけれど、それはこの生薬が竜の肝のように苦かったから。なので、リンドウは健康という意味でもぴったりの花なんだね。

 

リンドウ以外で敬老の日に合う花言葉の花を探してみると、胡蝶蘭では『幸せが飛んでくる』という花言葉があるよ。胡蝶蘭は敬老の日に贈る花としても人気だし、花言葉が幸せを願うという点で素敵だよね。

 

また花束には、カスミソウも入れておくのが望ましいよ。幸福や感謝といった花言葉があるから、祖母に感謝を伝えるのにマッチしているね。

敬老の日の意味ってどんなものがあるの?

敬老の日の意味

敬老の日の意味を正しく知っている人はあまりいないよね。でも、敬老というのは『老を敬う』と書くから、大体の意味はわかるよね。

 

国民の祝日についての法律を見てみると、敬老の日というのは『長年にわたって社会に尽力してきた老人を敬愛して、長寿を祝う日』ということが書かれているよ。

 

ちなみに、敬老の日は2002年までは9月15日だったけれど、ハッピーマンデー制度ができて2003年から9月の第3月曜日に変わったんだよね。

 

なぜ敬老の日ができたのかという由来は、2つの説があるんだよ。1つは聖徳太子が593年に四天王寺を建立したときに身寄りがない老人や身体が自由ではない人などを収容する非田院という施設を9月15日に開いたからというもの。

 

2つめは欽明天皇が717年に、万病に効果があると言われていた岐阜の養老の滝を訪れたのが9月の中旬だったという説だよ。その時に欽明天皇は元号を養老に変更をしたと言われているんだね。

 

とはいえ、どちらの説も真偽については定かではないよ。